スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検証中・・ 

今日はmaiさんが教えてくれた設定でもう1度勉強しなおしと、ちあらさんから教えて

もらった新手法の検証をやってました。

ちあらさんの手法はかなりいいかも☆ まだまだやったばかりでよくわからないとこ

などダマシにあったりと苦戦中だったけど2エントリー、14PIPSいただきました。

ちあらさんの手法はエントリーに自信が出たらみなさんに公表します☆

maiさんのエントリー方法も詳しく書いてくれててわかりやすいです☆

maiさんからです☆

今私が使っている方法です。

前とそんなに変わりませんが・・・

(私も 聖人君子さん^^と同じで、チャートをサッと見て分かるようなのが好きで

こんな感じにしています。)

MT4チャート上に、
○ 「ボリンジャーバンド」
○ 「3Level・・・」Period1=0
           Period2=13
   Period3=97に変更、後はそのまま。
 (無くともいい、かえって目障りだと思う方は 表示しなくともO.K。お好みで^^)
○ 「xpMA」 (MA-Period=5)
これはメールを下さった方に教えていただきました。

EMA5とほとんど同じラインを描きますが、色が変わるのでわかりやすいかも

しれませんね。ダマシにご注意^^)

下段に
○ ADX-ANG (Ligh slate Grayは見えなくしておく=背景色と同色に)
○ Signal 20 Line

この2つは初期設定のまま。

以上です。
(線の色や太さなどはお好みで変えられます。)


エントリーですが 例えばロングの場合、

「下から上がってきて、xpMAのラインの色が黄色から次の色に変わりローソク足が

このラインを超えてきて、

下のADX・・とSignal20・・・の二つのラインも色が変わって右上がり方向になって

きたら」です。

利確は、xpMAの色が変わった時か、②(又は③)が出た時です。

ストップは、私は15pips(ドル円・ユーロ円・ユーロドルの場合)位に一応おきますが、

足の動きを見ていてそこに来る前に切ってしまう事もあります。

私は仕事柄、損切りは”利益を上げるための必要経費”と割り切っています。

でも、経費は出来れば少ない方が・・・^^;


こんな感じですが、そのほかに抵抗線(トレンド&サポートライン)や、

キリのいい価格(レート)に近づいたら注意とか、ボリバンのミドルレンジ(20日線)

付近に注目とか いくつか気をつけている事があります。



もう一つついでに・・・

良く「頭と尻尾はくれてやれ」とか言いますよね。

でも私はその頭と尻尾が大好きなのです。^^

ちょっと忙しく、泥棒猫みたいにサッと入って さっさと逃げるような事になる事も

ありますが、
一~二度食べるとやみ付きになります。^^

ナイスさんのブログに良かれと思って最初に書いたのですが、食あたりされた方も

いたようですので^^;もう書きません。


上に書いた方法も、あくまでも私が現在使っている方法ですので

良い子の皆さんは真似しないでね!^^


長々と失礼しました。 


maiさんの手法はみんな興味大ありですので掲載してくれて感謝してます☆


食当たりってなんど見てもうける(>_<)V

コメントありがとうございました☆
スポンサーサイト

インディケーターのまとめ☆ 

インディケーターをまとめてみました。カテゴリーに追加します。
これから導入していくインディケーターはこのページに更新していきます。
 
導入したら教えますのでこのページで確認お願いします。

使ってるインディケーター
メインチャートに

・Bollinger Bands
パラメーターはノーマル。

・super_signals_v2_Alert.mq4 
(矢印)

・FiboPiv-v2 mq4
(抵抗線を自動で表示)

・3-Level-zz-Semafor mq4(改)
(①,②,③の売買サイン)
パラメーターを上から
 Period1  =13
  〃 2  =34
  〃 3  =77

Dev-Step-1 =8.5
  〃  2  =13.8
  〃  3  =21.12(これは変えない)
順張りのパラメーターはPeriod3を77。以外ノーマル。

・Moving Average(Exponential)
 パラメーターは期間を20。

・Moving Average(Exponential)
 パラメーターは期間を5。

・xpMA2
 パラメーターはノーマル。
http://gaitameotoko.seesaa.net/article/53540802.html

・Support and Resistance(ひし形)
 順張りのパラメーターのみ。

・breakout
(高値安値をライン表示する)

サブウィンドウ1に

・MACD
パラメーターは
Fast EMA =5
Slow EMA =13
MACD SMA =3

・SpearRankCorr mq4 (RCI)
 パラメータは
rangeN =9

サブウィンドウ2に

・ADXm-ANG mq4 
 パラメーターのPを =8
色の設定で一番上のねずみ色のラインは消して置きます(背景と同色に)

・Signal line mq4 (Signal 20 line) (平均足を線グラフで表示)
 パラメータは
period =8
Signal line mq4だけこのサイトで落とす事。
http://gaitameotoko.seesaa.net/category/4369816-1.html
紹介済みインジケーターの中の[Signal line]というのがあります。

・schaff Trend mq4 
 パラメーターは
MAShort =8
MALong =13
CYcle =5

少し反応を早くする場合は
MAShort =7
MALong =11
CYcle =5
にしてみてください。

サブウィンド3に

・Average Directiona Movement Index (ADX)
 パラメーターは
 期間を21
 +DI、-DIの色を黒に変更。
 レベル表示の中のレベル設定を25にして追加を押すとインディケーターに25のラインが出ます。
 25のラインを越えたらトレンドが出たと判断。(ちあらさんに教えてもらいました☆( ^^) _U~~)

サブウィンドウ4に

・JPN_Time_Sub.mq4
(日本時間表示)
パラメーターは
Time difference =6

サブウィンドウ5に
 
・xpMA5Bhisto25D
 パラメーターはノーマル。
http://gaitameotoko.seesaa.net/article/53540802.html


ZigZagは外しました。


11月04日

追加します。


Clock v1 3 パラメーター

「パラメーターの入力」画面で、上から

shoLocal → false
corner → ここには1~4までの数字を入るとチャート画面の四隅のお好きなところへ表示されます。

topoff → 60
label color →地名などをお好みの色に
clock color →時刻をお好みの色に
show 12 Hour Time → true
以下、表示させたい地名などをtrueにする。

最後に「全般タブ」をクリックし、
[Allow DLL imports]にチェック(√)を入れる→ OKをクリック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。